加藤正悟 / FIA支援作家

加藤 正悟  KATO , Shogo

洋画家:独立美術協会会友 日本美術家連盟会員

作家メッセージ

  「絵は心」と言います。私の作品をご覧になった方が「写真みたい」と第一声、仰られることが多々あります。「リアルに見える」という意味が含まれているのでしょう。 

  しかし、私は絵から醸し出される雰囲気を大切に描いています。「絵は心」…私の心が捉えた様々な感動を表現するためにリアルに見える技術を使っているだけなのです。一番大切なことは「絵は心」なのです。

略歴

1981年 東京都出身(高知県育ち)

2006年 多摩美術大学入学

2008年 独立展入選(第76回〜79回、81回以降連続入選)「とれもろ展」(フォルム画廊)

2009年 KAMINOGE 2009(松屋銀座)、第30期瀧冨士美術賞(奨学生選出)

2011年 「レスポワール・加藤正悟個展」(スルガ台画廊)

2012年 多摩美術大学大学院修了、「第47回昭和会展」(日動画廊)、「独立新人選抜展(2015年2016年)」(東京都美術館)、「四人展」(銀座スルガ台画廊」

2013年 多摩美術大学研究生修了

2014年(〜2017年)多摩美術大学 副手・助手、「加藤正悟 個展」(スルガ台画廊)

2015年(2018年)「三越美術特選会」

2015年(2017年)「翔展」(東京銀座画廊・美術館)

2016年「三越美術逸品会」

2016年 / 2017年 / 2018年「リオンソールネサンス展」(日本橋三越本店)

*2018年度オンソールネサンス展の「お客様人気投票」1位

*この作家は、注文制作不可

参考作品